• ABC少額短期保険

逆子について

逆子とは?

通常おなかなの中の赤ちゃんは頭位といって頭を下に向けている状態になっています。
ところが頭が上になって、足やお尻を下に向けている赤ちゃんもいます。
この状態を逆子(骨盤位)といいます。
妊娠中期ごろまでは、赤ちゃんの体はまだ小さく、おなかの中にたっぷり羊水があるので、クルクル向きを変えて動き回っています。
そのため、半分以上の赤ちゃんが逆子の状態です。
赤ちゃんがおなかの中で成長していくと、頭が大きくなっていきます。
28週ごろになると一番大きくて重い頭を下にした姿勢で落ち着きます。
出産のときも頭から先に生まれてきます。
逆子になってしまう原因ははっきりわかっていませんが、羊水が多く、頭を下に固定できなかったり、前置胎盤といって胎盤が子宮口付近にあったり、子宮筋腫があって頭位になれないといった理由が考えられます。
原因によっては改善できるものもあります。
出産までに先生と相談して安全策を考えたり、直す工夫をしましょう。

逆子=絶対に帝王切開ですか?

逆子にもいくつかの種類があり、その状態によっては自然分娩できることもあります。
殿位といって赤ちゃんがお尻を下に向けて、足を上げ、V字になっている状態では、自然分娩が可能です。
お尻が下になって膝が曲がっている状態を複殿位といいます。
両膝が曲がっていると全複殿位、片足のみを曲げて片足を上にあげていると不全複殿位と呼びます。
あぐらをかいている場合もあります。
お尻から出てこれたら自然分娩が可能ですが、殿位よりもリスクが高まります。
足から進んでしまうと、最後に頭が狭い産道を通ることになり危ないので、帝王切開になる可能性があります。

特に危険な逆子

赤ちゃんが足を下に向けて、立っているような状態を足位といいます。
両足を伸ばしていると全足位、片足だけを伸ばしていると不全足位と呼ばれます。
膝を曲げて、膝が一番下を向いている状態を膝位といいます。
両膝なら全膝位、片膝なら不全膝位と呼びます。
これらの場合、自然分娩では危険なので、帝王切開での出産になります。
横位といって赤ちゃんが横向きになっている状態では、赤ちゃんが腕や肩から出てしまう可能性があるので、この場合も帝王切開となります。
自然分娩を希望されるお母さんが多いようですが、帝王切開もきちんとした分娩方法のひとつです。
自然分娩でも帝王切開でも、生まれてくる赤ちゃんの健康や、お母さんが立派なお母さんであることには変わりありません。
どの分娩方法が一番赤ちゃんにとって安全なのか先生とよく相談して決めましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ