• ABC少額短期保険

帝王切開について

帝王切開について

帝王切開は、通常分娩ではなく、妊婦のおなかを切開して赤ちゃんを産むことをいいます。経膣分娩では胎児や母親に危険が発生するトラブルに見舞われたり、前置胎盤や重度の妊娠中毒症など、通常分娩が困難と医師が判断した場合に行われます。
日本では、約10%~15%の割合の人が帝王切開にて分娩しています。

手術の流れ

手術の流れとしては、まずはじめに麻酔を打ちます。麻酔は、全身麻酔が必要になる場合もありますが、多くの場合は下半身だけに効く硬膜外麻酔や脊椎麻酔を使用します。下半身麻酔であれば、産声を聞くことも可能になります。麻酔が効いたのを確認して切開してゆきますが、切開方法としては、縦に切開する方法と横に切開する方法があり、現在は、術後跡が目立ちにくい、横に切開する方法がとられることが多いですが、緊急時などの場合は手術時間が短く出血も少なくて済む縦に切開する方法がとられる場合もあります。次に、皮下組織や筋膜、腹膜を切開し子宮下部を十分に露出させます。露出された子宮の子宮筋を切開した後、胎児を取り出します。取り出し方法は、胎児を保持しながら、保持した部位が頭部の場合は、子宮底部を押す形で取出し、骨盤位であれば臀部からゆっくりと引き出します。取り出された胎児は、待機している看護師や助産師、小児科医などに引き渡されることになります。その後、胎盤を含めた子宮内容物を取り除きます。多くの場合は、子宮切開から子宮内容物の除去の処置中に、子宮内に大量の出血が発生しますので、必要に応じて子宮収縮剤などを使用して、出血を止める処置を施します。出血が止まらない場合、弛緩出血と呼ばれる状態にあるため、子宮全摘出手術の可能性も考慮されます。出血の停止を速やかに行えなかった場合は、出血多量で死に至る場合もあるため、予定された帝王切開の場合は、あらかじめ自己採血を行っておくことが多いです。子宮内容物除去が完了すると、膀胱子宮窩腹膜を縫合して閉鎖します。子宮の縫合が完了すると、十分な止血を確認し、腹腔内を洗浄し、腹膜癒着を防止するために子宮に癒着防止吸収性バリアを貼付します。その後、腹膜や皮下組織、皮膚を切開した順番の逆順序で縫合して手術終了になります。

帝王切開後について

帝王切開による出産後の入院期間は、通常出産が4~5日程度であるのに対して、10日~2週間程度と長くなるのが一般的です。
帝王切開でも、胎盤が取れることによりホルモンバランスが変化するため、通常出産と同じように母乳が出るようになります。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ