• ABC少額短期保険

出産とは

出産の仕組み

出産は女性が経験するものの中でも、身体的にも精神的にも非常に大きな影響を与えるものなので、事前にきちんとした知識を身につけておく必要があります。
まず、出産とは、ほ乳類において胎内の胎児が胎内から外に出ることを言います。胎内で精子と卵子が受精し、受精卵が着床してから子宮の中で胎児が成長していきます。いわゆるこれが妊娠期間です。この妊娠中は母体の体がさまざまに変化していくので、ストレスをできるだけ与えずに母子両方の体を気遣って過ごしていくことが大事になります。出産を成功させるためには、この妊娠中の過ごし方が大事になります。妊婦にとっては自分以外の生命が自分の体内で育まれることになり、さまざまな変化を感じることになります。
妊娠期間から出産に至るまでにはさまざまな過程があります。

出産に向けての準備

妊娠してから出産が近くなると、出産に向けての準備が整ったというサインとなる体の変化がみられます。
まずトイレが近くなります。お産が近くなると赤ちゃんの頭が下がって母親の骨盤の中に入ってくるので、結果的に膀胱が圧迫されて今までよりも尿意を感じるようになります。また、赤ちゃんの頭が下がることにより胃への圧迫感が減少するので、胃がすっきりして食欲が出てくるようにもなります。
お産が近づいてくると陣痛が起き始めますが、本陣痛の前に前駆陣痛というお腹が少し張るような感じが1日に数回起こります。これは本陣痛になる前の兆候です。他にも赤ちゃんが産道を通りやすくするために恥骨の結合部が左右に開くようになるのでその時に恥骨の辺りに少し痛みを感じることがあります。また白っぽくて水っぽいおりものが今まで以上に多くなります。

お産の始まり

このような体の変化が起きてきたらそろそろ出産間近であるという証拠になります。お産がスタートすると少量の血性のおりものがみられ、本格的な陣痛が規則的に起こり始めます。初産の場合、陣痛が10分間隔になってから子宮口が全開になるまでは10時間から12時間近くかかります。本格的な陣痛が起こり子宮口も全開になり始めたら、破水といって子宮から生あたたかい水が出てきます。基本的には子宮口が全開になると破水をしますが、全開になる前に破水をする場合もあり、その時の破水を前期破水といいます。いずれにせよ破水が起きると出産までもう少しという合図なので、病院へ向かった方がいいです。
お産の時間は個人差があるので一概には言えないのですが、平均的に初産だと15時間くらいが目安になります。2回目3回目になると時間は短くなる傾向があります。出産を向かえる前に正しい知識を得て不安を取り除けば、リラックスして出産を向かえることが出来るでしょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ