• ABC少額短期保険

妊娠中のダイエット

妊娠中の体重変化について

妊娠中は赤ちゃんの体重や羊水などで体重が増加します。体重増加の目安は、普通体型の方で7~12kg、やせ型の方で9~12kg、肥満型の方で5~7kgといわれています。この目安は、妊娠10か月の出産直前の数値です。1週間にだいたい500gのペースで徐々に増やしていくのが理想です。1週間で500g以上増えてしまったときは、次の週は、500g未満の増加で済むようにして調節しましょう。ただ、妊娠初期の赤ちゃんの成長はわずかなので、あまり増やさないにします。昔は妊娠中はたくさん食べるべきとされていましたが、太りすぎは出産のリスクもあがりますし、産後のダイエットも難しくなるので、体重管理に気を付けましょう。

ダイエットするとどうなるの?

赤ちゃんは細胞分裂を繰り返して、臓器を作っていきます。その時期に栄養が足りていないと、丈夫な臓器が作れなくなってしまいます。最近、低出生体重児といって2500g未満で生まれてくる栄養失調の赤ちゃんが増えています。その原因として、妊娠中のダイエットが考えられます。低出生体重児は、合併症のリスクが高く、成長や発達が遅れることがあります。特に妊娠初期にダイエットをした場合、赤ちゃんも一緒にダイエットしていることになり、飢餓状態になります。そうすると、肥満遺伝子のスイッチを押してしまい、将来メタボになりやすいといわれています。

ダイエットが必要な場合

妊婦にとって肥満は難産の原因にもなるので、よくありません。産道に脂肪がつくと、産道が狭くなり、赤ちゃんがスムーズに出てこられなかったり、産道の周りの組織が傷ついたりします。お母さんが太ると、赤ちゃんも大きくなり、ひっかかって出られないということもあります。赤ちゃんが大きいと、子宮筋が伸び、子宮の収縮が悪くなります。そうすると、陣痛がなかなか強くならず、お産が長引く可能性があります。お産が長引くと、お母さんは体力を消耗して、上手にいきめなくなり、赤ちゃんは低酸素状態となるのでとても危険です。また、妊娠中に太りすぎてしまうと糖尿病や妊娠高血圧症候群などになる危険があります。とはいえ食事制限や激しい運動など無理なダイエットはお母さんと赤ちゃんの体にとってよくありません。運動をすると、胎盤がはがれる可能性があり、赤ちゃんが子宮にとどまることができずに流産してしまうことがあります。安定期であっても、注意が必要です。妊娠中は過度なダイエットはせず、バランスのよい食事を心がけ、適度に体を動かすようにしましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ