• ABC少額短期保険

中絶について

中絶ができる時期

中絶は妊娠5週目から21週目までできます。これは、「母体保護法」という母体の生命と健康を保護する法律によって決められおり、満22週以降の中絶は禁止されています。
妊娠週数は、最後の月経の開始日を0日目として、0~7日までを妊娠0週目、8~14日を妊娠1週目というように数えていきます。
妊娠週数が大きくなればなるほど、体への負担も大きくなり、リスクもあがっていきます。
手術は、月経予定日から1週目の妊娠5週目からできますが、病院によっては、子宮口が開きにくいことや胎児が小さすぎることが理由で手術を行わないません。
実際に行われるのは、妊娠6週目から妊娠12週目までが多いようです。12週目までは、まだ胎児が成長していないので死産扱いにはなりません。

初期の中絶について

妊娠12週未満の中絶は初期中絶と呼ばれます。初期中絶の中絶方法には、掻把(そうは)法と吸引法の2種類があります。
掻把法は、スプーンのような細長い器具もしくは、特殊なハサミのような器具を使って胎児と胎盤などの付属物を掻き出す方法です。
多くの場合はこの方法で行われます。手術に使う器具がシンプルで感染などのトラブルを起こしにくいというメリットがありますが、子宮筋腫などがあり子宮が変形していると、手術に時間がかかることがあります。
吸引法は、強力な吸引器を子宮の中にいれて、妊娠組織を吸い出すという方法です。胞状奇胎など特殊な病態の時に使用されることが多いです。
手術時間が短いため、母体への負担が減りますが、器具を正確に滅菌しないと、感染症を引き起こす原因になります。
どちらも手術時間は5~10分程度で、日帰りで手術ができます。きちんとした手術を受ければ、将来妊娠しにくくなるということはほとんどありませんが、手術時にトラブルがあった場合、それが原因で妊娠しにくくなる可能性があります。
費用の相場は7~15万円だそうです。

中期の中絶について

妊娠12週目以降に行う中絶手術は中期中絶と呼ばれます。このころになると胎児がかなり大きくなっているため、初期中絶のような方法では取り出せません。
中期中絶では、膣に薬を入れて子宮を収縮させ、人工的に陣痛を起こし出産させる方法で用いります。
陣痛の発現は個人差があり、1日で終わることもあれば、2~3日かかる場合もあります。母体への負担も大きく、手術後は3~5日程度入院する必要があります。
また、12週以降で中絶をした場合は、7日以内に役所に死産届を出さなければなりません。費用も初期に比べ高額になり、20~50万円ほどかかります。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ