• ABC少額短期保険

妊娠中の体調管理

妊娠中と食生活

妊娠中は、健康な人でも何かしら体調にトラブルが出ることも少なくありません。しかし病気というわけではないので、特に神経質になる必要はありませんが、日常生活において注意すべき点は多々あります。
まず一番重要な食生活についてですが、お腹の中の赤ちゃんのためにも栄養バランスのよい食事を3食きちんと食べるようにしましょう。しかし、つわりで普段の食事ができないという場合は無理をして食べなくても、食べられるものを食べられるだけ食べれば大丈夫です。そして塩分の取り過ぎは妊娠高血圧症候群を起こす場合もありますので、薄味を心がけましょう。妊娠期から薄味を心がけておけば、赤ちゃんが大きくなり幼児食になった時も、同じ様な味付けで一家で健康的な食生活を送ることができるというメリットもあります。また、妊娠中は食欲が増加する人も多いのですが、それに伴い体重も増加してしまうと、先に述べた妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などになることがあるので注意が必要です。体重が増加すると産道に脂肪がついて難産になることもあります。平均的な体型の方でしたら、+10kg以内の増加に止めることが賢明でしょう。

妊娠中とダイエット

逆に若い女性に多いのですが、妊娠により自分の体型の変化にショックを受け、ダイエットをする人がいます。妊娠中のダイエットは体調を崩すだけでなく、赤ちゃんが低出生体重児として生まれる可能性が高くなります。
また、食事の中で積極的に取り入れてほしい栄養素があります。妊娠初期でしたら、脳神経の先天性異常や障害のリスクを減らすために、葉酸を摂取することが望ましいです。葉酸は食べ物だけから摂取しようとすると、なかなか必要量が摂れないので、サプリメントをうまく活用しましょう。

妊娠中と貧血

それから、妊娠中は貧血になりやすいので鉄分を多く摂ることと、カルシウムを摂ることがポイントです。
食生活以外では、嗜好品であるタバコやお酒は、胎児の先天性異常などのリスクを高めるのでやめましょう。コーヒーも飲み過ぎは流産などのリスクを高めるという研究結果もあるので注意が必要です。
そして、妊娠中の体重管理のために、早産や流産リスクがない人は適度な運動が必要です。水による浮力でラクに体を動かせるマタニティスイミングやウォーキングなどがおすすめです。激しい動きや転ぶ可能性があるスポーツは避けたほうがよいです。
妊娠中は普段よりも体が疲れやすくなっているので、十分な休息・睡眠を心がけるようにしましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ