• ABC少額短期保険

自宅出産デメリット

自宅出産の危険な点

自宅出産で一番心配な点は、分娩中の容体急変です。何が起こってもおかしくないのが妊娠・出産。それまで何の問題がなくても、いざ分娩が始まってから何かあった場合、医療設備がない自宅ですから、対応が間に合わないという危険性があります。自宅出産を考えられている方ならご存知だと思いますが、助産師が処置できる行為は限られているので、提携先の病院に搬送する間、処置が遅れてしまうのは避けられません。一分一秒が争われる事態にならないとも限りませんから、その覚悟はしておかなければなりません。また、最終的に提携先の病院で出産した場合、病院からも費用を請求されるので、出産にかかる費用が高くなってしまう可能性があります。

自宅出産をしないほうが良いケース

まず、母子共に健康、正常であることが大前提となります。合併症がある、感染症がある、子宮筋腫など子宮に異常がある、帝王切開をしたことがある、血液型が特殊な型である、その他、正常・健康であると言えない状態、また、妊娠中に逆子になってしまい、それがなおらない場合、自宅出産をする事は出来ません。健康面で問題がなくても、自己責任や自己管理が大変重要なので、自分で産むという強い意志を持てる自信のない方にはおすすめできません。また、家族の賛同、協力が得られない場合も難しいでしょう。出産後も自宅にいるわけですから、家事や身の回りのことを頼める人がいないといけません。逆に、助産師がいない状態、家族だけでの出産はリスクが高いので、こちらも考えないように。また、家が病院から離れている、家の周辺の道が入り組んでいる場合も、緊急時の搬送に支障が出るので、やめた方が良いでしょう。

(結論)出産は医療機関で行う方が良い

自然分娩が推奨され、自宅出産が可能ならそうしたい、と思っている方は増えてきていると思います。しかし、実際に自然分娩が可能な方は限られていますし、必ずしも自然分娩が良いとも限りません。自然分娩をするという心づもりで生活をするのは良いと思いますが、いざ、自宅で出産するとなると、前述したような危険性があります。何が起こってもすぐに処置をしてもらえる、ある程度の医療設備が整っている医療機関で出産をする方が、母子にとっても、家族や周りの人にとっても、一番安心できるのではないでしょうか。特に初産の場合、体調の変化も含めて初めてのことだらけですから、不安も大きいと思います。できるだけ自然に産みたいと考えるのは良いことですが、総合的にみれば、医療機関での出産が一番無難と言えるのではないでしょうか。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ