• ABC少額短期保険

自宅出産メリット

自宅出産とは

自宅出産とは、助産師さんの介助を受け、いつも生活している自宅で出産することです。大切な家族に囲まれながら、見慣れた景色の中でリラックスして出産することができます。自宅出産は誰でもできるわけではありません。健康であること、正常分娩が予測されること、安産のために努力ができること、家族の協力が得られることなどが条件となります。逆に、喘息などの合併症やB型肝炎、C型肝炎、HIVなどの感染症がある、帝王切開をしたことがある、胎盤の位置に問題がある、多胎妊娠である、逆子が治らないといった場合には自宅出産することはできません。また、助産師さんは手術などの医療行為は行えないので、万が一トラブルがあった場合には、提携している病院に搬送されます。出産費用は18万円~で、健診や産後のケアなども含めると30万円くらいになります。

自宅出産の良い点

自宅出産にはさまざまなメリットがあります。まず、陣痛が始まってから、移動しなくても良いことがあげられます。自宅出産では、助産師が家に来てくれるので、陣痛が始まってから荷物を持って移動する必要がありません。上の子やペットがいて家をあけられないという方でも安心です。出産するときは、布団に横になったり、四つんばいになったり、自分の好きなスタイルで産むことができます。水中出産ができることもあります。病院の場合、産んだ直後に引き離されて寂しいという話をよく耳にしますが、自宅出産では産んだ後も赤ちゃんとずっと一緒にいられます。定期健診では、妊娠、出産について質問したり、相談できます。食事のアドバイスやマッサージも受けられます。病院より多少費用を抑えられるというメリットもあります。

現代の自宅出産事情

昔は誰でも当たり前にしていた自宅出産。近年では、ほとんどの方が病院などの医療機関で出産します。女優の石田ひかりさんやともさかりえさんが自宅出産をしたことで話題になり、自宅出産を選ぶ方がすこしずつ増えているようです。ここ10年の自宅出産率は0.1%から0.3%に上がっています。しかし、自宅出産の新生児死亡率は病院出産の3倍というデータもあります。これは欧米数か国で調査した結果ですが、日本における自宅出産の危険性も高いでしょう。また、妊娠健診も受けず、助産師の介護もなしに家族だけで出産する無介助出産が問題視されています。これはとても危険です。自然派を望む方もいると思いますが、リスクがあることを理解して、慎重に出産方法を選びましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ