• ABC少額短期保険

切迫早産

切迫早産とは?

「切迫早産」とは、「妊娠22週以降37週未満に下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、性器出血、破水などの症状に加えて、外測陣痛計で規則的な子宮収縮があり、内診では、子宮口開大、子宮頸管の展退などが認められ、早産の危険性が高いと考えられる状態」で「早産」が差し迫っている、という状態(日本産科婦人科学会編・産科婦人科用語集・用語解説集より)のことをいいます。
まだ分娩の時期ではないのに、出産時の症状が現れたら切迫早産が疑われます。
性器出血や、お腹が張っている、子宮口が開く、破水するなど、その症状や度合によって重症度が変わります。
すぐに入院が必要な人もいれば、自宅で安静にするように言われる人もいます。
分かりやすい自覚症状がありますが、中には症状を全く感じなかったり、漠然と感じる人もいるようです。

切迫早産は危険な状態ですか?

危険な状態かどうかは、症状の重症度によって変わってきます。
そもそも早産は、まだ赤ちゃんが外に出る準備が整っていないのに出てきてしまうわけですから、出来るだけ避けたい事態です。
妊娠37週未満で破水してしまった場合、長期的に早産を避けることは出来ないので、そのような場合は危険と言えるかも知れません。
しかし、切迫早産と診断されたからといって、みんながみんな危険な状態だとは限りません。
切迫早産と診断されたとしても、元気な赤ちゃんを産んでいる人は沢山います。
ただ、治療法は基本的に「安静」しかありません。
症状によっては薬を服用したり、外科的処置が施される場合もありますが、これをすれば切迫早産が治るという治療法はないのです。

切迫早産を防ぐ方法

切迫早産を防ぐ特別な方法は、残念ながら、ありません。 早産の原因ですら、半数以上の人は分かっていないのが現状です。
切迫早産は、軽度であれば何事もなく妊娠状態が続くこともありますし、悪化して早産になることもあります。
とにかく、妊娠中にした方が良いとされていること、しない方が良いとされていることを守り、定期的な健診を欠かさないこと。
何か異変を感じたら、すぐに受診する。
万が一の時の為に、対処法を知っておく、準備しておく。
当たり前のことですが、何が起こってもおかしくないのが妊娠です。
絶対はないので、出来ることはやっておいて、あとは気楽に構えておいた方がうまくいくこともあります。
あまり神経質にならず、もし診断された場合、こうしようという対策を考えておくだけでも、いざという時に慌てずに済む、程度に考えましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ