• ABC少額短期保険

陣痛について

陣痛について

陣痛とは、赤ちゃんを産み落とすために必要な痛みです。これがなかったり弱かったりすると十分にいきむことができないので、怖がる必要はありません。病気とは違い、必ず終わりのある痛みです。痛みが終わると同時に新たな生命との対面が待っています。そう考えれば、頑張って耐えようという気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか。
陣痛は、不規則な間隔で起こる前駆陣痛から始まります。前駆陣痛の時間は人によって様々で、数時間の人もいれば、一週間以上続く人もいます。痛みの程度は普段の生理痛くらいだったり、少しお腹が張る程度とわずかに痛むだけという人が多いです。それがだんだん一定間隔になり、10分間隔になったらお産の始まる合図なので病院に行きます。

陣痛が始まったら

陣痛が始まってから子宮口が全開になるまで、初産では平均して12時間くらいです。痛み初めのうちに排便を済ませたり、軽い食事を取ったり、院内を軽く歩くのも良いでしょう。破水している場合は先生の指示に従ってください。
痛みは徐々に強まっていきますが、子宮口が開き切らないうちはいきんではいけないので、呼吸によって痛みを逃します。痛みよりもいきみを我慢する方が辛かったという人もいます。
いきみを逃す為に、マタニティ教室などで習った方法で呼吸しますが、それでも自分ではなかなかコントロールできない場合には看護師さんを呼び、指導を仰ぐと良いです。一緒に呼吸してもらったり、子宮口の開き具合を教えてくれたりするので、精神的に安定します。
また、痛みの最中、気を紛らわせるために旦那様に腰をさすってもらったり、手を握ってもらったりするのも良いでしょう。アロママッサージをしてもらうと痛みの軽減に効果があったという人もいます。

陣痛の必要性

旦那様が仕事などで立ち会えない場合には、うつ伏せで腰を丸めたり、肛門を手でぐっと抑えたりすると楽になったりします。陣痛室に揺れる木馬のような椅子がおいてあることがあるので、それにまたがって揺れていると気が紛れる人も多いです。
激しい陣痛が起きていても、陣痛と陣痛の間は嘘のように痛みが引くので、ゆっくりとリラックスして体力を温存し、次の陣痛に備えましょう。
分娩室に行き、分娩台に乗った後も指示に従って痛みを逃します。子宮口が全開になったら、いよいよいきみます。出産が長引いて疲れてしまったなどで痛みが弱まった場合は、点滴で促進剤を入れたりします。そのくらい、出産には陣痛の痛みが必要なのです。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ