• ABC少額短期保険

高齢出産

高齢出産とは?

高齢出産とは、35歳以上で妊娠・出産することを言います。
高齢出産=ハイリスクと考える人も多いようですが、年齢を問わず妊娠・出産にはトラブルがつきものです。
しかし、年齢とともに生殖機能や体力の低下があり、35歳以上の妊娠・出産でリスクが高まるのは事実です。
高齢出産のリスクは35歳を境に急に高まるものではなく、30歳を過ぎたころから徐々に高まっていきます。
バランスの良い食事や適度な運動をするなど規則正しい生活を心がけることで、リスクを大きく減らせます。

高齢出産の問題点

35歳を過ぎると、20代と比べ妊娠しづらくなります。
25歳未満での不妊の割合は6%、35歳以上では30%を超えるともいわれています。
35歳をすぎると妊娠率が低下するのは卵子の老化による影響が大きいと考えられます。
生まれた時は100万~200万ある卵子が、年齢とともに減少し、閉経を迎える50歳ごろにはほとんど無くなります。
老化した卵子は精子の受精力が弱まり、なかなか妊娠しなくなります。
歳をとると、着床率が下がるだけでなく、流産の危険が高まります。
染色体異常による流産は予防することができませんが、若い人でも経験することです。
ダウン症候群が発生する確立は年齢とともに高まります。
その割合は、20代で0.1%、35歳で0.3%、40歳で1%といわれています。
加齢により、内臓機能が低下することで、妊娠高血圧症候群になる確率が高まります。
初産の場合になりやすいです。
重症になると、早産や未熟児出産になることがあります。
体調管理に気を付け、予防しましょう。
高齢になると 子宮口の柔軟性が失われ、出産に時間がかかったり、切開が必要になります。
難産になった場合、回復が遅いという問題もあります。

高齢出産の年齢は時代によって変わる?

日本産婦人科学会によって35歳以上の初産婦を高齢出産と定義されています。
以前は30歳以上とされていましたが、平成3年ごろ35歳に引き上げられました。
働く女性が増え、晩婚化が進み、30歳を過ぎて初めて出産する人が増えたことが理由と考えられます。
現在、20代で出産する人の割合が減り、5人に1人が高齢出産といわれています。
高齢出産では、比較的精神的にも経済的にも余裕があるので、ゆったりとした気持ちで出産、子育てができるというメリットがあります。
さらに妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増えるため、肌がつやつやになり若返るということがあります。
体がぽかぽかして、冷え症の改善も期待できます。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ