• ABC少額短期保険

自然分娩について

自然分娩について

自然分娩とは、吸引や人工破膜などの人工介助をせずに、陣痛や腹圧により産道を通って自然の力で胎児を産むことです。しかしながら、はっきりとした定義は決まっておらず、「医療介入を全くしない経膣分娩」「吸引・鉗子分娩も含める」など諸説あるのが現状です。 自然分娩が行われない場合は、母子のどちらか、もしくは両方になんらかのリスクがある場合に、誘発剤を使って陣痛を促す誘発分娩や帝王切開などが行われます。また、最近では陣痛などの痛みに恐怖心がある人やパニックを起こす可能性が高い人などが選ぶ無痛分娩もあります。

自然分娩の歴史

昔は自宅における自然分娩しか出産方法がなかったため、胎児の死亡率も現在と比べると高かったと言われています。 現在の出産方法で一番多いのが、産院での自然分娩です。初産婦か経産婦により時間は異なる場合が多いですが、10分ぐらいの定期的な間隔で陣痛が始まったら産院へ連絡して向かいます。産院で子宮口の開き具合など内診してもらって、出産の兆候であることが確認されれば入院となります。陣痛には痛みの波があり、だんだんとその波が来る間隔が縮まり痛みも強くなり、子宮口が全開近くなると分娩室へ移動となります。好きな姿勢をとれる産院もありますが、多くのところでは分娩台へ上がって仰向けに寝転ぶスタイルです。大量出血などに備えて、点滴の針をあらかじめ腕に刺されます。陣痛の波がおさまっている間に浣腸をする場合もあります。剃毛は自然分娩の場合行わないのがほとんどです。胎児が産道を回旋しながら産まれてきます。胎児の頭が大きかった場合などに、胎児の頭が見えてきたら会陰切開が行われる場合があります。切開がされると出産後すぐに抜糸できる糸で縫ってもらうのが一般的です。

自然分娩の注意点

自然分娩は痛みなどに対し恐怖心を持つ妊婦さんも少なくありませんが、やはり自然に赤ちゃんを産みたいという人が多いため、日本ではまだまだ主流の分娩方法と言われています。自然分娩を望むのであれば、母子にリスクが及ばないように妊娠期間中から体調管理などを心がけておくことが大切です。ウォーキングなどの適度な運動もよいでしょう。 そして陣痛の痛みでパニックにならないように、お産が近くなった頃には出産のイメージトレーニングが効果的です。出産の体験談を読んだり、出産経験のある方の話を聞いたりして、あらゆる出産シーンに備えられる心持ちがあると精神的にゆとりのある出産をすることができます。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ