• ABC少額短期保険

妊娠中に飲んではいけないもの

妊娠中と水

妊娠中というのは様々なことに気を遣うものですが、飲食もその一つといえます。実際に妊婦が飲んではいけない水分というものが、いくつか存在するのです。
まず一つ目が、水そのものとなります。水は妊婦に必要な栄養素を破壊してしまうため、ビタミンB1,B2,B3,B6,B12,B15、ビタミンCなどの摂取に大きな影響を与えてしまうのです。しかし水分を必要としていないわけではありませんから、果実などから摂取していくことがもっとも望ましいのです。
最近、若い女性が大量に水を飲む健康法を行っているケースがありますが、これは妊娠時期には非常に問題のあることだと認識しておく必要があります。
また、水道水に含まれる塩素も胎児にとっては全くプラスに働きませんので、浄水器をセットしていくことが必要となります。これは妊婦に限ったことではありませんが、塩素は妊婦に必要なビタミンCとビタミンEを大量に破壊してしまうことがありますので、十分に注意が必要となるのです。

妊娠中と清涼飲料水

さらに清涼飲料水も妊婦には大変危険な飲み物となります。こうした飲み物は白砂糖や果糖ブドウ糖液が入っているため、人間が飲む水の中ではもっとも重いものになり、血糖値を上げすぎることになります。体外にも排出されにくいものとなるため、清涼飲料水を飲むことだけは避けるべきなのです。
そして実は、牛乳を飲むのも微妙であるといわれています。確かに牛乳には栄養がありますが、牛乳は人間が飲む飲み物のなかでもっとも人の体温を下げてしまうものであるため、注意が必要となるのです。

妊娠中とカフェイン

カフェイン入りの飲み物も妊婦が飲んではいけないもののひとつにあげられます。カフェイン入りの飲料は、ビタミンB1,バントテン酸、ビタミンC,鉄分、亜鉛、カリウムを破壊し、DNAの複製を妨げてしまうことになるので、特に妊娠時期には避けるようにしたほうがいいもののうちの一つといえます。
その筆頭にあげられるのがコーヒーです。また、緑茶や紅茶にもカフェインが入っているので要注意となります。紅茶に関しては体を温めてくれる効果があるものの、鉄分の摂取を阻害する機能があるため飲みすぎないようにすることが必要となります。
このように見てくると、妊婦が飲まないほうがいい飲み物というのは多いことがわかります。その殆どが、妊婦でなくても体にあまりよくないものであることが多いわけですが、妊娠しているときにはさらに、そうしたことに気をつけることが肝要なのです。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ