• ABC少額短期保険

妊娠する前にやった方がいい事

妊娠に備えた体づくり

妊娠前には食生活や生活習慣を見直し、赤ちゃんが健康に育つ環境を整えましょう。
生活の見直しは妊娠力アップにもつながります。
脳や脊髄、内臓など体の基礎は妊娠初期から作られ始めます。
お腹の中にいる赤ちゃんはお母さんから栄養をもらいます。
そのため、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。
妊娠中は体を動かしにくく、何もしないと体力が落ちてしまいます。
妊娠前から運動をして、体力をつけておきたいです。
また、冷えを解消したり、ストレスを溜めないような生活を心がけましょう。

葉酸を摂取する

葉酸は妊娠前から妊娠初期に摂りたい大事な栄養素です。
赤ちゃんの脳や神経を作る栄養素の一つで、葉酸を摂ることで無脳症や二分脊椎といった神経管閉鎖障害のリスクを低減することができます。
厚生労働省も葉酸の摂取を推奨しており、一日に400μg必要とされています。
葉酸はほうれん草や春菊、レバー、大豆などに含まれています。
しかし、光や熱に弱く、水に溶けやすい性質を持っているため、食べる際には注意が必要です。
一日の推奨量はほうれん草なら1束、おひたしにすると含有量は半減してしまいます。
それを毎日摂るのは難しいと思います。
効率的に摂取するならサプリメントを利用するのが良いでしょう。

妊娠前にしかできないことをやる!

・風疹の抗体検査
妊娠中に風疹にかかると、赤ちゃんに難聴や白内障、心臓病など先天性風疹症候群と呼ばれる障がいが起こることがあります。
妊娠中は予防接種を受けられないので、妊娠前に抗体検査を受けておきましょう。
費用は5000~10000円程度で、予防接種を受けてから2か月程度は避妊が必要です。


・虫歯の治療
妊娠中でも虫歯の治療をすることはできますが、薬やレントゲンが心配になる方もいます。
急に体調が悪くなることも考えるので、妊娠前に直しておくのがベストです。


・旅行に行く

妊娠してから出産後もなかなか遠出ができなくなります。
夫婦二人だけの時間は少なくなるので、レストランや映画で大人の楽しみ方をする方が多いようです。
また、ジェットコースターや飛行機に乗るといった妊娠中はできないことをするのも良いと思います。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ