• ABC少額短期保険

早く妊娠する方法

妊娠するために必要な期間

避妊をやめれば、すぐに赤ちゃんができると思っている方も多いようですが、そう簡単ではありません。
妊娠する確率は思っているよりも低く、1か月で妊娠する確率は20~30%と言われています。
平均6か月程度の期間が必要のようです。
1年以内には80%、2年以内には90%のカップルが妊娠しているというデータもあります。

妊娠しやすい年齢

ライフスタイルの変化などにより、初めて出産する人の年齢は年々上昇してきています。
近年では、結婚して仕事が落ち着いた30歳頃に妊娠を望む方が増えているようです。
妊娠適齢期は25~35歳と言われており、35歳を過ぎると妊娠力が低下していきます。
一般的に、妊娠できるのは43歳くらいまでと考えられています。
肌と同じように、卵子も老化するということを知らない人は少なくありません。
それだけでなく、生まれた時は約200万個あった卵子は、年齢とともに減少し、初経を迎える頃には約30万個、45歳には約1000個、50歳にはほぼなくなってしまいます。
そのため、30代後半になって妊娠を望んでも、なかなか赤ちゃんを授かれないといったことが起こります。

妊娠するために今日からできること

最近では、「妊活」という言葉が広まり、妊娠するために努力している方は多いと思います。
妊娠するためには冷え症を改善することが大切です。
体が冷えると、血流が悪くなり、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。
妊娠するために必要な女性ホルモンが届きにくくなると、子宮や卵巣が正常に機能しなくなってしまいます。
食べ物や飲み物は冷たいものよりも温かいものを摂るようにし、体を温める食材を積極的に摂取しましょう。
入浴や適度な運動は、ストレス解消にも効果的なのでおすすめです。
薄着や体を締め付ける服装は控えましょう。
また、仕事や家事で忙しい女性は、朝食をとらなかったり、インスタント食品などで済ませてしまったり、食生活が不規則になりがちです。
栄養が不足すると、月経不順やホルモンバランスの不調を招き、不妊の原因になりかねません。
栄養バランスのとれた食事を摂るように心がけましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ