• ABC少額短期保険

高齢妊娠するには

高齢妊娠とは

一般的に35歳以上で妊娠することを「高齢妊娠」と呼びます。
女性も社会に出て働くことが当たり前になり、晩婚化が進む現代では、高齢妊娠が増えています。
しかし、35歳を過ぎると妊娠が難しくなり、不妊で悩む人も少なくありません。
早産・流産といったリスクが高まり、妊娠中毒症や妊娠糖尿病などの症状が現れやすくなります。
また、ダウン症など先天性異常を持つ赤ちゃんが生まれる確率がやや高いといわれており、不安を感じている人もいます。

妊娠できるのは何歳まで?

妊娠する確率は意外と低く、25歳でも25~30%と言われています。
女性の妊娠力は30歳頃から徐々に低下し、35歳を過ぎると急激に落ち込みます。
45歳頃には妊娠する確率が1%になってしまいます。
これは卵子の老化が関係しています。卵子の数は年齢とともに減少し、質も低下します。
卵子が老化すると、染色体異常や流産のリスクが高くなります。
また、卵巣の機能低下や子宮筋腫などの病気が増えることが不妊の原因と考えられます。

35歳以上で妊娠したい方へ

高齢妊娠するには、少しでも早く妊活を始めることが大切です。
生活習慣を見直して、妊娠しやすい体をつくりましょう。
生活リズムが崩れると、妊娠に影響を及ぼします。
決まった時間に食事を食べること、適度な運動をすること、早寝早起きをすることは生活リズムを整えるためには重要です。
食生活は妊娠力と密接な関係があります。外食や加工食品を控え、バランスよく食べることが基本です。
体が冷えていると、妊娠力が低下するので、体を温める食事を意識して摂るようにしましょう。
運動にはホルモンバランスを整える効果があります。
血の巡りを良くして、ストレス発散にもなりるので、ウォーキングなどをするのがおすすめです。
また、排卵日に合わせて性交をするタイミング法は妊娠への近道になります。
毎日基礎体温を測ることは、排卵日予測だけでなく、さまざまな情報を得るのに役立ちます。
正確な排卵日は病院で検査を行うと知ることができます。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ