• ABC少額短期保険

無痛分娩について

無痛分娩について

無痛分娩とは硬膜外無痛分娩のことで、陣痛が始まった際に背中から腰の脊髄近くの背骨の中にある硬膜外腔に、カテーテルを差し込み、そこへ麻酔薬を少量ずつ注入していく方法で、出産時の痛みを和らげる効果があるとされている分娩方法です。
全身麻酔とは異なり、下半身だけの局部麻酔となるので、母体の下半身のみへの痛み止めとなり、麻酔薬による赤ちゃんへの影響は少ないと言われています。分娩中は、カテーテルを通して麻酔薬が注入され続けますので、麻酔が途中で切れる心配はありませんが、全く痛みを感じないわけではなく、個人差はありますがわずかな痛みを感じる場合が多くあるようです。麻酔薬を注入することによって、下半身の感覚が鈍くなりますが、脚を動かしたりすることは可能です。意識がなくなることはなく、子宮の収縮も感じることができ、自然分娩と同じように、いきみながら出産することができます。また、麻酔の効き方はそれぞれですが、出産間近では生理痛程度の痛みを感じることが多いようです。

分娩後

分娩後は、胎盤が出て傷を縫い合わせた後に痛み止めを停止します。その後は普通分娩と同じ痛みがありますので、痛み止めを飲んだり、点滴をして対応します。 リラックスした状態で出産でき、赤ちゃんが降りてくる感覚も感じることができ、赤ちゃんとの対面のチャンスを逃すこともありませんので、最近では無痛分娩を選ぶ人が増えていますが、メリットばかりではなくリスクも存在します。麻酔中、一時的に脚が動かない、歩けないなどの症状が出る場合があり、いきむ力が弱くなると分娩に時間がかかってしまいます。また、陣痛が弱まる場合もあり、吸引分娩しなければならず、赤ちゃんへの負担が増える可能性もあります。

無痛分娩の現状

麻酔が効くまでの間は陣痛があり、麻酔が全く効かないまま出産する事例も少なくありません。子宮頚管が固い人、血圧が高い人には有効な出産方法と言われており、アメリカでは6割、フランスでは9割が無痛分娩を選択しています。しかし無痛分娩には高度な技術が必要とされ、日本の医療施設では無痛分娩を行っていない病院も多く、比率が低いのが現状です。無痛分娩にかかる費用は、医療施設によって差がありますので、より良い病院を選ぶ必要があります。お産での疲労が少なく回復が早いため、早く退院することができ入院日数と入院費用は削減できます。
血が止まりにくい病気、背骨の変形がある、背骨の神経に異常がある人などは無痛分娩に向きませんので、医師に相談して分娩方法を決めてください。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ