• ABC少額短期保険

妊娠3週目

妊娠3週目の母体の様子

最終月経開始日の1週間後の排卵時期になり、卵子の中に精子が入って受精することで受精卵となります。
受精した受精卵が、細胞分裂を繰り返し、卵管から子宮へと移動します。子宮は、受精卵が着床しやすいように、厚く柔らかくなります。
こうして、受精卵が子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。このころ妊娠3週目になり、医学的に妊娠したと認められます。
着床すると「hCG」というホルモンが分泌されます。妊娠検査薬は、hCGに反応します。妊娠3週目になるとhCGの分泌量が、妊娠検査薬が反応する50mIU/mlに達します。
早い人だと、このころから熱っぽい、乳房が張る、ムカムカするといった症状が現れます。
妊娠による体の変化はPMS(月経前症候群)によく似ているため、妊娠に気づかないことが多いです。
妊娠の可能性がある場合は、薬は控えたほうがいいでしょう。

妊娠3週目の胎児の様子

受精した受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら、卵管を通過し、子宮へと向かいます。
受精から7~10日後に、受精卵は絨毛(じゅうもう)という細い毛のような突起を張り巡らせ、子宮内膜に入り、着床します。
絨毛は、お母さんの体から発育に必要な栄養を吸収します。絨毛はのちに胎盤となります。脳や脊髄などの神経系、血液などの循環器系の基となるものは、ほぼ完成しています。
2週目になると心臓が作られ、3週目から動き出します。妊娠8週目までは胎児と呼ばず、胎芽(たいが)と呼びます。妊娠したとなると、人間の形をしている赤ちゃんを想像してしまいますが、胎芽はタツノオトシゴのような形をしていて、まだ0.1ミリほどしかありません。重さは1g程度です。胎芽は、胎嚢(たいのう)という袋の中にはいっています。

この時期にして良いこと悪いこと

この時期は妊娠の症状がほとんどありません。しかし、妊娠初期に注意することはたくさんあるので、できるだけ早く知識をつけておくことが大切です。
たばこは、赤ちゃんに悪影響を与えることが医学的にも証明されています。妊娠している可能性があったら、すぐにやめましょう。
たばこを吸っていると、未熟児が産まれるリスクが吸ってない人に比べて2倍以上になるといわれています。
アルコールはたまにコップ1~2杯飲むのは、問題ないとされていますが、少量でも影響したという例もあるようなので、控えたほうがいいでしょう。
また、妊娠初期に葉酸が不足すると、先天性異常や流早産が起こるリスクが高くなるといわれています。
妊娠を計画している、妊娠の可能性がある方は葉酸を1日440μg摂取することが望まれます。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ