• ABC少額短期保険

妊娠初期症状

妊娠初期の体の症状

妊娠して、実際に体調への影響が出てくるのは大体妊娠2ヶ月目頃からという方が多いようです。
実際には胎児はそれより前から子宮の中で発育を始めていますが、つわりという形で体調に異変が起きるのがこの頃です。
妊娠初期のつわりの症状は風邪と見分けがつきづらいのが特徴です。微熱が出て、喉が痛くなり、鼻水が出る…という、軽い風邪のような症状が続きます。
この時期を全く妊娠と気付かずに風邪だと思って過ごし、あまりに長引くので内科を受診したら医師から妊娠の可能性を指摘されて初めて気づく…という人も多い程です。
見分けることは困難かもしれませんが、既婚の女性で味覚や嗅覚の変化、通常の風邪の時にはないめまいや頻尿という症状が現れたら、妊娠を疑ってみてください。

妊娠初期の心の症状

多くの人がいらいら感や落ち込みを感じると言われています。
この心の変化は、ホルモンバランスの変化によって引き起こされます。体調不良とも相まって、非常にナーバスな状態です。
昔、動物に近い暮らしをしていた頃に、デリケートな体を守るための防衛本能を働かせていた名残りだと言われています。
つい、パートナーや周りの人に怒りをぶつけてしまうこともあるかもしれませんが、そういう時は事前に、イライラしてしまいがちな状態にあることを説明して理解してもらうしかありません。
また、この状態は長く続くものではなく、妊娠初期の一時期だけのものだと自覚することも効果的です。

妊娠初期に合った過ごし方

妊娠がわかってすぐの頃は新しく赤ちゃんを迎える不安や、これからの事を考えて準備したりと、何かと心身共にばたばたしがちな時期です。
一方お腹の中では、発生して間もない状態の胎児が今後体を作っていくために重要な基礎を作っている段階です。
この時期に必要なのが葉酸です。葉酸が不足すると、胎児の奇形や発育不良の原因になります。
葉酸は野菜に含まれていますが、微量成分で摂取が難しいので、葉酸のサプリメントを取ることが推奨されています。
また、お酒やたばこを嗜む方は妊娠がわかったらすぐにやめることが望ましいとされています。
妊娠中の喫煙や飲酒は、赤ちゃんに想像以上に重大なダメージを引き起こすので、すぐにやめるか、もしくはやめ方がわからない場合は医師に相談するようにしてください。
この時期が妊娠中最も流産しやすい時期だとも言われています。化学的流産については、この時期の行動と言うよりは発生時に決まっている運命のようなものなので防ぐ方法がありません。
体調に異変があったらすぐに受診できるように、最寄りの産婦人科を探しておくことをおすすめします。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ