• ABC少額短期保険

妊娠中期症状

妊娠中期の体の症状

妊娠5か月から7か月の妊娠中期になると、多くの人は、つわりもおさまり楽になってきます。
おなかがどんどん大きくなります。乳房やおしりなどに脂肪がつき、ふっくらとした妊婦らしい体型になってきます。
このころから胎動を感じるようになり、お腹の中に赤ちゃんがいることを実感できます。腰痛や肩こり、めまい、便秘といった症状がでることもあります。
特にこの時期に血圧が高くなったら注意が必要です。むくみなどの症状が出た場合、妊娠高血圧症候群の心配がでてきます。
塩分や脂肪分が高いものは控えて、野菜や果物を積極的にとるようにしましょう。
適度な運動も大切です。また、ホルモンの影響により妊娠前と比べおりものが増えます。
色が濃い黄色だったり、においがきつい場合は、感染症になっている可能性があります。すぐに医師に相談しましょう。

妊娠中期の心の症状

この時期は、心身共に落ち着く時期でもあります。お母さんがリラックスしていると、血行がよくなり、赤ちゃんに酸素や栄養が届きやすくなります。
また、このころから赤ちゃんはだんだん音を聞き分けられるようになります。
お腹をなでたり、話しかけるなどして赤ちゃんとコミュニケーションをとるとよいでしょう。赤ちゃんもお腹の中で体を動かしたり、おしゃぶりをするようになります。
皮膚から刺激を与えると、赤ちゃんの脳が発達するといわれています。マッサージをしたり、ウォーキングをするなどして適度に振動を与えてあげるといいでしょう。

妊娠中期に合った過ごし方

5か月になると、お腹や乳房が大きくなり始めます。乳房やお尻は1~2サイズ大きくなるといわれています。
血行を悪くしないためにも、お腹を締め付けないマタニティウェアやマタニティ用下着の着用を考えましょう。
お腹が膨らむと腰や背中が痛くなりやすくなります。軽い運動やストレッチをして、腰・背中の筋肉をほぐしてあげましょう。
これから成長していく赤ちゃんのためにも、バランスのいい食事をとるようにしましょう。お母さんもお産にそなえて体力をつけなければなりません。
ウォーキングやスイミング、ヨガなど適度な運動を心がけましょう。妊娠中は赤ちゃんにカルシウムがとられるため、虫歯になりやすくなります。産後は育児で忙しく、歯医者に行く時間がなかなかありません。
そのため、安定期に入ったこの時期に歯の治療をしておきましょう。この時期はつわりなどいやな症状がなくなり、日常生活が楽しめるようになります。
しかし、疲れやすいのは変わりません。おなかが張るときは、無理をしているときかもしれません。すぐに休むようにしましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ