• ABC少額短期保険

妊娠する確率

妊娠は確率通りにいかない

妊娠とは、女性の体内で精細胞の卵子と男子の精胞精子が合体して初めて成立するものです。通常、思春期の男女の場合、男女共に十分な生殖細胞が用意されていて、かなりの確率で受精が可能となります。つまり、確率は非常に高いのですが、実際は教科書通りにはいかないことのほうが多いようです。

確率通りにいかない理由

その原因ですが、第一には女性の排卵期間があります。排卵された卵子の受精能力は通常24時間程度とされています。それゆえ、そのタイミングでうまく精子と合体できればめでたく妊娠となるわけですが、色んな事情からうまく成就されないことのほうが多いようです。
それらの原因をあげてみますと、今の社会構造にもいくつか問題点が見えてきます。昔と違い妻が家に居て家事を担当する図式が大きく変化しているからです。つまり、共稼ぎ社会が当たり前になっていることが正常な妊娠の妨げになっている現状があります。女性が社会に出ることによるストレスの蓄積。それによって身体のバランスが崩れてしまい、最高の条件で生殖行為をしているにもかかわらず、どんなに経っても妊娠できない。そこで、なおさら、何とかして妊娠をという強い思いが夫婦の意識を支配し、余計にストレスを感じてしまうことがあります。

妊娠するためには

排卵日、受精可能日は今では簡単に計算・予測できる時代ですので、そのチャンスを活かしましょう。仕事も大事ですが、お互いリラックスして、「大丈夫、ゆっくり楽しんでやりましょう」という環境づくりが成功の秘訣といえるでしょう。更に、具体的なことですが、性行動は一週間に一度程度では確率が低くなるという研究発表もあります。理想的には二日置きに一度が最も有効なようです。これは、特に共稼ぎの場合、夫婦がしっかりと心を通わせ、人生を鳥瞰図的におおらかに考えるようにすることが重要です。
このような努力を試みても、どうしても変化が見られない場合は産婦人科など専門医の門をたたくことになるのですが、人生に於ける最良の受胎期間はほんの短いものなので、小さなことは放置しておいて、まずは愛を楽しむことです。そうすれば、余程の身体的要因がない限り、めでたく大願成就という結果に繋がるでしょう。
それともう一つ、夫婦とも絶えず、「私たちのかわいい赤ちゃんがきっと生まれる」とイメージすることも大切です。非科学的な話のように思われますが、この暗示、イメージをすることで、双方の心と身体に素晴らしい影響を与えてくれるでしょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ