• ABC少額短期保険

不妊について

医学的に見た不妊の定義

日本では、10組に1組のカップルが「避妊していないのに、赤ちゃんができない」と不妊で悩んでいるといわれています。
健康なカップルが避妊せず、性生活を営んでいる場合、80%が1年以内に、90%が2年以内に妊娠しているという結果がでています。
しかし、人間は最も妊娠しづらい動物といわれ、不妊症の疑いがないカップルが排卵日に性交渉をしても、妊娠する確率は20%ほどといわれています。
世界保健機関(WHO)では、避妊をしていない、妊娠ができる年齢になっている、2年以上妊娠にしないという条件を満たすとき、不妊症であると定義づけています。
この3つの条件をすべて満たした場合、医学的に不妊症と診断されます。
性交渉がない夫婦も不妊に分類されることがあります。
しかし、避妊をしている場合や性交渉がない場合は、「避妊をしていない」の条件を満たさないので、不妊症とは言えません。
男性側の勃起不全(ED)などで夫婦生活を送れない場合は、広義で不妊として扱います。
2年間という期間は、妊娠を望んでから数えはじめます。結婚当初は金銭的な理由で避妊していたといった場合は、数えないようにしましょう。

不妊の増加

近年、不妊に悩む夫婦は年々増加しています。
不妊が増えている背景は、女性の社会進出や晩婚化の影響ともいわれています。
妊娠を望む年齢が高まっているそうですが、女性ホルモンの働きは、老化とともに衰退し、歳を重ねるとともに、妊娠できる確率は下がっていきます。
さらに、年齢を重ねると子宮内膜症を発症する確率が高くなります。
症状が進行すると、子宮の摘出が必要になることもあります。また、不妊の原因は男女どちらにもあると考えられています。
不妊の原因はさまざまで、いくつもの原因が複雑に重なりあってていることもあります。そのため、原因を特定するのには時間がかかります。

なぜ不妊は問題になるのか

少子化の原因として取り上げられることも多い「不妊」。
最近、妊娠するために前向きな活動をすることを意味する「妊活」という言葉がでてきたり、芸能人が妊活のため活動休止を発表したり、話題になることは多くあります。
妊活は妊娠についての知識を身に着け、妊娠しやすい体をつくることが目的です。
妊娠しにくい原因の一つが冷えです。体が冷えると、血行が悪くなり、ホルモンの乱れなどさまざまな問題を起こします。
ゆっくりお風呂に浸かったりして、体を温めることが大切です。不妊予防には、生活習慣の改善が基本です。バランスの良い食事や適度な運動を心がけるようにしましょう。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ