• ABC少額短期保険

破水について

破水について

破水とは、妊娠、出産における過程の中では誰もが経験するもので、その症状は人によって異なるものでもあります。
正常な破水であれば、基本的には臨月を迎え、お産の準備が整い、赤ちゃんがお母さんの子宮から出てこようとした時に、卵膜が剥がれ、おしるしが来ます。これは、ある人もいれば無い人もいるので、その量なども、気づかないくらいの少量や、生理の2日目くらいの出血がある人もいるので、無いからといって陣痛や破水が起こらないと言うわけではありません。
また、大量出血や明らかな血の塊などが出た際などは、おしるし以外に胎盤早期剥離といって、母子共に危険な状態に陥る事もあるので、心配であれば、早急にかかっている病院に連絡することが大切です。
また、正常なおしるしであれば、その後2、3日の間に陣痛が起きることが多く、本陣痛が来たらあとは病院に連絡し、赤ちゃんを外に出す準備を始めます。

破水の始まり

大抵の人が陣痛がマックスになった時点で子宮口も全開になり、その後今まで赤ちゃんを守っていた羊膜が破れ破水となります。出産時の羊水は、赤ちゃんの皮膚を包んでいた脂肪のような粘膜や尿などで少し濁った色をしているそうです。もちろん、まだ、陣痛室にいる時やちょっとトイレに行こうとした時などでも、子宮口が開いていれば破水する可能性はあります。そのため、病院内でも破水が起こったら落ちついて、すぐに、先生やナースの方を呼びましょう。破水があれば、感動の赤ちゃんの対面も間近です。
上記とは違う状況として、陣痛が起きる前に破水が起きてしまう場合などもあります。これも、臨月や子宮口が柔らかく、また開いている状態などに起こりやすく、大量に破水した場合などには、下に水溜まりが出来るほどの量になるため分かりやすいのですが、じわりじわりと少しずつ出てくる場合などもあり、その場合は尿と勘違いしやすくなっています。違いは、尿とは違い生臭い匂いのある無色透明の液体であることで、どちらかわからないような心配がある場合には、病院に連絡を入れる事が一番大切です。

羊水について

羊水は、赤ちゃんにとって無くてはならないものであり、それらが少なくなることは、命の危険にも及ぶものです。それで、何もなかったらそれで安心と思えばいい事で、心配をすることは赤ちゃんを守る事にも繋がります。
また、破水の可能性がある場合には、入浴などは避けましょう、羊膜が破れている可能性がある以上、今まで無菌状態だった子宮にお湯などが入り込むと、感染症などを引き起こす危険性があります。
病院に向かう際は、生理用ナプキンをあて、車などで向かう場合などは大きめのバスタオルなども用意すると安心です。

保険ランキング

ABC少額短期保険

おかあさん保険

ABCおかあさん保険

公式サイトはこちら

自然分娩の保障 、帝王切開の保障が付いており、妊娠を控える女性、妊娠をしている女性のために作られた保険です。女性のために低価格で入りやすい。入って安心、続けて安心の新保険です。格安で保険に入りたい。でも、広い保障をカバーできる保険をお探しの方にも一押しの保険です。このおかあさん保険を提供しているABC少額短期保険は、2014年度オリコン顧客満足度ランキング 医療保険部門総合(保険プランのわかりやすさ/充実度)にて1位にランクインしており、少額短期保険では、唯一のランクインとなっています。

エイ・ワン

エブリワン

エイ・ワン エブリワン

公式サイトはこちら

自然分娩は適用されませんが、帝王切開は保険適用になります。保険料も比較的安く、妊娠33週目まで加入できますので、帝王切開に備えたい方にはおススメの保険です。別の死亡保険とダブルで加入するのも良いと思います。

NKSJひまわり生命

フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

東京海上日動
あんしん生命保険

メディカルKit女性プラン

東京海上日動あんしん生命保険 メディカルKit女性プラン

公式サイトはこちら

この保険の特徴は、乳がんで乳房再建手術を受けた際に、保険が適用されることです。また特約になりますが、抗がん剤治療、先進医療、保険給付特約など、幅広い特約があることも特徴の一つです。

オリックス生命保険

新キュア・レディ

オリックス生命保険 新キュア・レディ

公式サイトはこちら

ボーナスがもらえて死亡保障が大きい保険です。お金はかかっても大きい保障が欲しい。そんな方におススメの保険です。保険加入期間によってボーナスがもらえるので、自分でお金をためるのが苦手な人は、おススメです。途中で解約するとボーナスももらえなかったりするので、入った保険を絶対に解約しない方におススメです。

ページトップへ